リハビリテーションの仕事|様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

医者

リハビリテーションの仕事

男女

リハビリテーションの仕事に関わるには、理学療法士や作業療法士の資格を取る必要があります。両方とも国家資格であり、専門学校や大学に通って必要な科目や単位を取得した上で、受験資格を得ることになっています。専門学校自体あまり数が多くなく、入学者はかなり人数が絞られるようです。ご自身の経済事情やカリキュラムを考慮し、専門学校にするのか大学で学ぶのか、情報を得る必要があるでしょう。理学療法士の活躍の場は多岐に渡り、病院や介護施設のみならず、特別支援学校や学校の巡回相談員として、体の使い方に問題のあるお子さんの接し方を保護者や学校に助言する仕事もあります。また、スポーツで怪我をした際の訓練を手助けすることも重要な仕事です。自身がスポーツで怪我をし、リハビリをしながら回復する経験をした人が、理学療法士を目指すこともあるようです。身体の面での支援を通じて、よりよい日常生活が送れるよう手助けすることが理学療法士の仕事といえます。

理学療法士になるには、人の役に立ちたいという気持ちだけでなく、専門的な知識や技術を身に付ける必要があります。これらは国家資格であり、資格のない人がこの名称を名乗ることは出来ません。必要な知識や技術を専門学校や大学で身に付けることが求められます。理学療法士の仕事の内容は、年配の方や寝たきりの方が起きる、立つ、歩くなど日常生活で必要な動作がスムーズに行えるだけでなく、よりよい生活を送れるように支援することが挙げられます。また、障害があってなかなか自由に体が動かせない方にリハビリテーションを通じて、人と接する時間を提供することも仕事一つです。あまり数は多くないのですが、スポーツ選手の専属の理学療法士として活躍する方もいます。自分がどんな分野で働きたいのか考えた上で、専門とする技術を絞ることも大切です。

Copyright© 2016 様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート All Rights Reserved.