需要が増えている|様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

医者

需要が増えている

女の人

人材が足りない

視能訓練士とは、眼に障害がある人の機能回復を指導したり、検査する国家資格者のことで世間で注目を集めています。視能訓練士の仕事は、専門性の高い仕事で視力、視野、屈折や色覚に眼球の動きなど眼科で行う検査や視力回復のための訓練や矯正などを行います。視力訓練士は眼科医を支える重要な仕事であり、人々の眼を守る世の中で欠かせない役割を持っていると言えます。現在日本では高齢化社会の到来や生活習慣病の増加による視力低下や、障害を持つ人が増えていますがそれに対応する視能訓練士の数は全く不足しているのです。そのため視能訓練士を求める社会的要請はこれからも増々増えてきます。そして視能訓練士になる近道は、やはり専門の養成校で学ぶのがべストです。

効率的に学習

視能訓練士になるためには、1年に1回実施される国家試験に合格する必要があります。視能訓練士の養成校では大学や短大や看護師や保育士養成校で、学んだことを活かすことができます。授業は短時間で効率的に学習して身につくように工夫されています。また視能訓練士の養成校は多くの人材を育ててきた実績があり、眼科の世界では深い信用を得ているのです。視能訓練士の養成校の授業は、解剖生理学から精神保健、物理学や法規などの基礎学問から視能矯正学や生理光学などの専門科目を学ぶことができます。また実習では脳と眼の関係性の理解や、眼の検査方法やデータの見方などを実践して身につけていきます。さらに医療機器メーカーを実際に見学して先端機器の使い方を学んだり、福祉の現場を体験して現実に対応できる能力を養います。

Copyright© 2016 様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート All Rights Reserved.