様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート

メンズ

需要が増えている

女の人

眼に障害のある人の検査や、機能回復を指導したりする国家資格者のことを視能訓練士と言います。視能訓練士になるには、専門の養成校で学ぶのがベストです。視能訓練士の養成校は短期間で効率よく学習できるように指導してくれます。基礎的な科目から専門科目や実習を通じて実践力を学び、資格試験合格をサポートしてくれます。

詳細を確認する

リハビリテーションの仕事

男女

理学療法士は国家資格であり、資格を取得するためには大学や専門学校で必要な知識や技術を学ぶ必要があります。理学療法士の活躍の場は多岐に渡り、病院や介護施設、学校などが挙げられます。数は多くないのですが、スポーツ選手専属として働く方もいます。自分がどの分野で働きたいのか、専門を絞ることも大切です。

詳細を確認する

医療業界で役立つスキル

アロマセラピー

専門知識が必要

療法や治療の意味を指すセラピーの名から、近年セラピストとしての職種が話題に上っています。その先駆けとなったのがアロマセラピストなどの民間資格で、その他にも医療に携われる種類は増え、セラピストになるには一概には言えないものの、スクールでの教育が定着しています。知識のみであれば独学での学びでも十分ですが、技術を必要とする場合には専門学校や講座、研修などで必要な技術の習得が求められます。また独立開業を視野にいれた場合、セラピストになるには将来を見据え、支援制度の整った学校で学ぶことが得策です。特にアロマテラピストは女性から圧倒的な支持を集めていますが、認定校での教育が望ましいと言われています。精油を調合するため、特定疾患者への使用が禁じられるものも多く、専門知識をしっかり学ぶために重要視したい内容です。

美的センスが養える

セラピストになるには、例えば、病院などで活躍が期待される心理セラピストとして働きたい場合、精神療法を学ぶための認定校での教育課程を修了する必要があります。しかしながら、資格取得できる種類の中にはメイクセラピー検定など、心理カウンセリングと色彩学や印象分析の理論を取り入れた種類もあります。メイクアップ技法が習得できるなど、女性の美容センスが発揮できる検定でもあり、誰もが通信講座などから学ぶことが可能です。年代問わず、女性に人気があり、セラピストになるには、例えば3級試験の場合には筆記試験のみで初心者から受講できます。心理面のアプローチに必要な心理学やコミュニケーション能力は、どの職で活躍するにも必要です。アロマやメイクなどに関しては、女性の成長や可能性をサポートするスキルの証となることから特に人気を集めています。

医療系の資格を取得

レディ

医療系の資格を取得するならば、様々な種類の講座が開かれているキャリアカレッジジャパンがお勧めです。ホームページには取得できる医療系資格一覧が見られるようになっていて、そこからキャリアカレッジジャパンに資料請求も便利におこなえます。

詳細を確認する

Copyright© 2016 様々な現場で役立つ資格|セラピストになるには勉強からスタート All Rights Reserved.